投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

[写真]桜

イメージ
今年も桜が咲き始めました。

Aperture  f/14 ISO 200 Shutter speed 1/50 s  Focal length 200 mm



Aperture  f/14 ISO 200 Shutter speed 1/50 s  Focal length 200 mm





Aperture  f/6.3  ISO 200 Shutter speed 1/200 s  Focal length 200 mm

Aperture  f/9 ISO 200 Shutter speed 1/320 s  Focal length 200 mm
Aperture  f/8 ISO 200 Shutter speed 1/320 s  Focal length 141 mm

Aperture  f/8 ISO 200 Shutter speed 1/80 s  Focal length 53 mm
Aperture  f/6.3 ISO 200 Shutter speed 1/200 s  Focal length 200 mm
Aperture  f/6.3 ISO 200 Shutter speed 1/320 s  Focal length 53 mm

[HCD]インタラクションを伝える(ペーパーホワイトボードプロトタイピング)

イメージ
更新日:2014/8/10



ペーパーホワイトボードプロトタイピングのAPCHI2012(ご参考まで、このページの最後に、ポスターを掲載しました)後の近況です。

最近は、グラフィックとしての忠実度の低いプロトタイプを使い、他者(チームメンバーやステークホルダー)にコンセプト(特にインタラクションについて)が分かりやすく共有できないか検討しています。スマートフォンやタブレットなどのタッチデバイス向けのアプリケーションが対象です。

何かの行為を行う指と、その行為によって生じる人工物の変化(例えば、指のジェスチャーによる操作に伴う隠れていたパネルがスライドする等)が合わせて明示されることによって、他人に意図が伝えやすくなること(※1)を期待しています(マウスの場合は、マウスカーソルがその役割を持っていたと思います)。実装前の段階で。

※1 これは、行為遂行の7段階理論(D.Aノーマン:「誰のためのデザイン」)で言うところの、「実行の段階」と「評価の段階」の際に行われる行為とそれに伴う変化がイメージしやすくなるためと予想しています。


■どのような方法か:

<準備>
ペーパーホワイトプロトタイピング後、スケッチのワイヤーフレームと一緒に、想定するオブジェクトの変化に合わせて指もスマートフォン(またはタブレット)で撮影する。ストップモーションのように、ユーザインターフェイスを操作している様子を表現する。

Paper in Screen Prototyping のアプローチで、スマートフォンやタブレットに撮り込んだワイヤフレームと指の画像をプロトタイプとして使用する(※2)。

※2 CEDEC2012にて発表された 「スマートフォンゲーム開発の為の”心地よい”ユーザーインターフェイスデザイン」も参考になります。また、2012年11月には、「POP」と言うiOS向けアプリケーションがリリースされています。

・ストーリーに沿って、上記の画像を並べる(例えば、iOS標準の写真アプリ、またはJotNot Pro等を使用)。

<実施>
・ストーリーに沿って、画像を遷移させながら、コンセプトを伝える。

<その後>
・ワイヤーフレームをブラッシュアップ・・・<準備>に戻る。

なお、実際にペーパーホワイトボードプロトタイピングを行う際に、使用するペンと紙製ホワイトボードですが、以下の製品が使いやすいと思います。どちら…