投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

[HCD]Design Skill Standard Trial Program(2)

イメージ
先日(2011/2/26)に引き続き「Design Skill Standard Trial Program(DSST)」に参加しました。

日時 :2011/3/5(土)
場所 :東京ミッドタウン International Design Liaison Center
主催 :産業技術大学院大学
題目 :<Senior Design Engineer向け デザイン専門能力高度化プログラム>
    ヒューマンセンタードデザイン特論
    エスノグラフィックアプローチとコンセプトデザイン
講師 :産業技術大学院大学 助教 安藤氏
メモ: ・「経験の蓄積により無意識に行っている行為には、ユーザが真に実現したい価値(=ニーズ)が潜んでいる」
・「生活の中に意味(例えば、生活の知恵:蓄積された経験)が埋め込まれている」
⇒状況に埋め込まれている意味を探るためのアプローチ:エスノグラフィック・アプローチ

参考:
箕浦:「フィールドワークの技法と実際」(ミネルヴァ書房)

DSSTは、本講座にて予定の全講座が完了とのことです。講義・ワークショップ共に、内容・事前準備ともに練られており、有意義な体験を得ることができました。スタッフ・関係者の皆様、ありがとうございました。

リンク: 黒須教授のUser Engineering Lecture
-エスノブームの適切な定着を - 1 基本概念について:  
http://www.usability.gr.jp/lecture/20110203.html
Togetter
-UXとエスノグラフィーあるいはエスノメソドロジーの最近の関係について:
http://togetter.com/li/34202

[HCD]Design Skill Standard Trial Program

イメージ
Design Skill Standard Trial Program(DSST)」に参加しました。
今回、受講した講座は、私も受講している産業技術大学院大学 履修証明プログラム「人間中心デザイン」講座の内容がベースとのことです。

日時 :2011/2/26(土)
場所東京ミッドタウン International Design Liaison Center
主催産業技術大学院大学
題目 :<Senior Design Engineer向け デザイン専門能力高度化プログラム>
    クリエイティブ・リーダーシップ特論 チームエンパワーメントと創造力の向上
講師専修大学 准教授 上平氏




実施内容Situated Learning: 初心者が技術を習得し、熟達していく過程のアプローチについての内容でした。

例として、美容室が挙げられていました。初期の周辺かつシンプルな内容(例えば、散髪後の頭髪の清掃や洗髪)から、少しずつ核の内容にシフトしていく過程では、以下がコミュニティ内で行われているとのことです。
・Collaboration(協同)
・Interactions(相互作用)
・Engaging(従事)

周辺からは内部にいると観え辛くなっている全体が見渡せます。核となる事柄も埋め込まれています(気付くかは自分次第)。



30Circles: 円から連想するものを描き出すアイデア発想のためのトレーニングです。1個/10秒のペースが目安。
練習することで、沢山描けるようになるそうです。確かに、以前と比較し、描き出せた個数が増えました。



インプロビゼーション: インプロビゼーション(身体を用いた即興劇を体験。「創造的思考の活性化」と「相手を否定しないブレインストーミングの場を形成」が目的)の後、グループ単位でワークショップを行いました。
テーマ:「花粉症:人を元気付けるために、デザインは何ができるか?」

フォローアップ 上平先生からのフォローアップ:
http://twitter.com/peru_g13/status/42346971104686080
http://twitter.com/peru_g13/status/42349369185411072

リンク 履修証明プログラム「人間中心デザイン」ブログ:
http://hcdprogram.wordpress.com…