[HCD]Design Skill Standard Trial Program(2)



先日(2011/2/26)に引き続き「Design Skill Standard Trial Program(DSST)」に参加しました。

日時 :2011/3/5(土)
場所 :東京ミッドタウン International Design Liaison Center
主催 :産業技術大学院大学
題目 :<Senior Design Engineer向け デザイン専門能力高度化プログラム>
    ヒューマンセンタードデザイン特論
    エスノグラフィックアプローチとコンセプトデザイン
講師 :産業技術大学院大学 助教 安藤氏

メモ:

・「経験の蓄積により無意識に行っている行為には、ユーザが真に実現したい価値(=ニーズ)が潜んでいる」
・「生活の中に意味(例えば、生活の知恵:蓄積された経験)が埋め込まれている」
⇒状況に埋め込まれている意味を探るためのアプローチ:エスノグラフィック・アプローチ

参考:
箕浦:「フィールドワークの技法と実際」(ミネルヴァ書房)

DSSTは、本講座にて予定の全講座が完了とのことです。講義・ワークショップ共に、内容・事前準備ともに練られており、有意義な体験を得ることができました。スタッフ・関係者の皆様、ありがとうございました。

リンク:

黒須教授のUser Engineering Lecture
-エスノブームの適切な定着を - 1 基本概念について:  
http://www.usability.gr.jp/lecture/20110203.html
Togetter
-UXとエスノグラフィーあるいはエスノメソドロジーの最近の関係について:
http://togetter.com/li/34202

コメント

このブログの人気の投稿

サービスデザインとISO 9241-210

【図解】ISO 9241-210におけるUXの定義

サービス設計12箇条とISO 9241-210