3D:「奥行き」を感じる

本日、3D対応フォトフレームにて3D映像を観ました。
#場所:新橋駅前ヤマダ電機B1フロア

富士フィルム社から発売された「FinePix REAL 3D W1」です。
http://fujifilm.jp/personal/3d/camera/finepixreal3dw1/index.html

「手前に飛び出す」というよりは「奥行き」を感じました。
個人的には、窓から外の景色を見ているイメージが近いと思います。

写真と比較し、映像の方が奥行きを実感できました(第一印象)。
現状の映像(2D)と比較し、ジャンプしています。

■ メモ:
-------------
価格:カメラ+フォトフレーム(ビューア)のセットで約9万円


コメント

このブログの人気の投稿

サービスデザインとISO 9241-210

【図解】ISO 9241-210におけるUXの定義

サービス設計12箇条とISO 9241-210