[CV]Japan Computer Vision Day 2013

Japan Computer Vision Day 2013に参加しました。

日時:2013.7.28
場所:早稲田大学 西早稲田キャンパス

■ 内容:
  •  CVPR祭り
  •  - CVPR論文紹介(※)
     - CVPR2013参加報告  
  • 海外研究活動体験談
  • フリーディスカッション
  ※論文は、CVPR 2013 open accessにて公開されています。

■ フリーディスカッションについて:

1時間ほど、自己紹介の時間も含めて、フリーディスカッションを行いました。その際、いくつかのグループに分かれましたが、自分はグループ1でした。

その時のトピックスの抜粋です(時系列ではなく、自分がメモを残した箇所が中心となります)。フリーディスカッションでしたが、「コンピュータビジョン(CV)の研究課題」についての話題が軸だったと感じました。

グループ1:
「コンピュータビジョン(CV)の研究課題」
  • 科学と工学のアプローチの違い(CVはクロスしている)
  • サービスとアカデミックのつながり 

  • 事例:
    - ICCV2009で発表された研究成果が、2010年には、製品の機能(画像の背景除去)として採用
    - 実利用者の状況の観察やインタビュー等を行うCAMPの取り組み
  • 企業関係者(サービス)と学術関係者(アカデミック)が持つ、解決したい研究課題の違い

  • 「なぜ」と考えていくと、解決したい課題は、実はCVの領域ではなく、他の領域だった、と言うこともある。もちろん、その逆もあり得る。 

ディスカッションの内容は、グループごとに異なり、バラエティに富みそうです。


<他グループのディスカッション内容>
  • グループ5 :「アカデミックとビジネスをどうつなぐか」
  • グループ9 :「CV/ML/PRの研究をしている学生・研究者の就職先」

コメント

このブログの人気の投稿

サービスデザインとISO 9241-210

【図解】ISO 9241-210におけるUXの定義

[パターン認識][UX]思考実験(パターン認識とUX)