[写真][HCD]発表準備中「写真に関わるUX(ユーザーエクスペリエンス)のためのアプローチ」

更新:2016.11.19

2016.11.19(土)にDIGITABLE(デジタル写真技術研究会) 第100回記念勉強会 - これからの写真フロー - にて「写真に関わるUX(ユーザーエクスペリエンス)のためのアプローチ」と言うテーマで発表する予定です。
少しずつ準備を始めています。

日時:2016.11.19(土)

デジタブル写真技術研究会 第100回記念勉強会(申し込みWebページ)
http://digitable.connpass.com/event/40794/

イベント申し込みページ

今回は、キーワードとして以下を考えています。
  • 「写真を使う」:Webサイトに訪れた人が「写真を使って何かを行う(例えば、「判断」や「予想」)」際のUXについて
  • 「シズル感」 :「シズル感」に伴うUXについて

以前、「フォトグラファーのためのUXデザイン」というテーマで発表した際には、写真に関わるUXをよりよくするためのアプローチとして人間中心デザインに着目しました。

しかし、人間中心デザインに限らず、撮影前の環境準備(撮影場所の選定、撮影機材、光源、レフ版の準備等)、撮影時の技術、撮影後の画像処理等、UXをよりよくするためには種々の要因が関わってくるはずです。

今回は、人間中心デザインと共に、それ以外のアプローチについても注目したいと考えています。

■スライド
発表で使用する予定のスライドのダイジェストムービーです。



■ 過去のスライドについて(参考資料)
  • 「フォトグラファーのためのUXデザイン」(DIGITABLE 2016年1月度定例勉強会で 使用)

フォトグラファーのためのUXデザイン from Yoichi Shirasawa

■ 併催イベント(10周年展)
勉強会の併催イベントとして、10周年展(作品展)が勉強会と同会場 1F 展示ロビーで行われます。よろしければ、こちらもぜひ。

■ 関連情報

コメント

このブログの人気の投稿

ISO 9241-210(インタラクティブシステムにおける人間中心設計)JIS規格化

サービス設計12箇条とISO 9241-210

【図解】ISO 9241-210におけるUXの定義